言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ショートショート
  4. もうどくのはな
もうどくのはな

もうどくのはな

「あのはなのそばにいってはいけない。
   さわったらそのどくでしんでしまう」

おかあさんはそういいました。

そのはなはとてもきれいでした。
ちかくにいきたい。
よくみたい。
さわりたい。
においをかぎたい。
おへやにかざりたい。

だけど、しぬのはこわいので、わたしはそのはなのそばにいきませんでした。
それでも、とてもきれいなそのはなのことがわすれられませんでした。

あるひ、ちょうちょがそのはなにとまってみつをすっているのをみました。
おかあさんにききました。

「ちょうちょがあのはなのみつをすっているよ。
 ちょうちょはしなないの?
 ほんとうはちかくにいってもへいきなの?」

おかあさんがこわいかおでいいました。

「ちょうちょはいいんだよ。
 おまえはだめ。
 ちかよったらしぬの。
 おかあさんだってちかよらないんだ。
 あれはもうどくのはななんだよ」

よくわからないけれど、とってもかなしくなりました。
それからわたしはそのはなのことをかんがえないようにしました。

   

月日が流れ、私は結婚し一児の母になりました。

ある日、母が重体との連絡が入りました。
急いで病院に駆けつけると、すっかりやせ細りたくさんの管につながれた母がベッドに横たわっていました。

母は私の顔を見て言いました。

「私は本当はあの花が欲しかったんだよ」

「そうだね、とってもきれいだものね。
 だけど近寄ったら死んでしまうんだものね」

私がそう答えると、母の目に涙がみるみるうちに溢れてきました。

「お母さんはあの花が欲しくて欲しくて、だけど絶対に欲しがっちゃいけないって思ってたんだよ」

「そうだね、猛毒の花だものね。
 私も子供の頃はとっても欲しかったよ」

「違う、違うんだよ。
 本当は猛毒なんかじゃないんだよ」

母は泣きながら言いました。

「ごめんね。
 あの花に近寄ったら死ぬなんて嘘をついてすまなかった。
 お母さんね、子供の頃、あの花が欲しくて摘んで帰ろうとした時
 おばあちゃんに怒られたんだよ。
 そんなもの欲しがって生意気だって。
 お前はあの花を持つ価値なんてないんって。
 お母さん、悲しくてね。
 もう一生あの花のそばに行っちゃいけないんだと思ったんだよ。
 だからお前にもあの花に近づくなって言ったんだ。
 本当にごめんよ。
 お母さんが死んだら、お前はあの花のそばに行って摘んで帰っておいで。
 何もこわいことは起こらないよ」

そう言って大きくひとつ息をすると母はこの世を去ったのです。

私は呆然としていました。
母が亡くなったことと、母が言い残したことで、何もかもがよくわからなくなり、頭が真っ白になりました。

母の四十九日が過ぎ、私は幼い頃に考えるのをやめたあの花のことを考えていました。
考えるのをやめたけれど、本当は心の奥にずっとあったのです。
いつもいつでもあの花が欲しいと思っていました。
私の娘にもあの花を摘んで見せてやりたいと。

私はあの花のそばに行きました。
花は昔と変わらずとてもきれいに咲いていました。

顔を近づけると芳しい香り。
しばらくその花を眺めた後、そっと手を伸ばして摘みました。

私は生きていました。

花のそばにいっても、花に触れても、私は生きていました。

花を摘むと、たった一輪だけ咲いていたはずのその花が、周りにも咲き始めました。
私は夢中で花を次々と摘みました。
摘めば摘むほどに花が辺り一面にどんどん増えていきます。

私は摘んだ花を抱えて走りました。
母のお墓に。
そして、猛毒の花の花束を母の墓前にそなえました。

「お母さんが欲しかったのはこれだね。
 もうお母さんのものだよ。
 私もこれを手に入れたよ。
 お母さん、ありがとう」

母が死んで初めて泣きました。
やさしい風が吹き抜けました。

その花の名は「幸せ」といいます。

   

Copyright © Emi Ozeki All Rights Reserved.

   

関連記事