言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お気に入りの言葉
  4. あしあと
足あと|マーガレット・パワーズ

あしあと

ある日、男は夢を見た。
浜辺を神と共に歩いている夢を。
男の今までの人生の光景がはっきりと映しだされ
どの光景にも浜辺を歩いている神と男の二組の足あとがあった。

最後の光景まできたとき、ふり返って見ると
ところどころ足あとがひとつしかないことに男は気づいた。
そして、それはいつも彼が悲しみに打ちひしがれている時だった。

男は神に尋ねた。

「いつもそばにいると約束されたのに
 どうしてわたしを見放されたのですか」

神は答えて言った。

「わたしの大切な愛する子よ、わたしは決しておまえのそばを離れたことはない。
 あの一つの足あと、それは、苦しみや悲しみに傷ついたおまえを
 抱き上げ歩いた私の足あとなのだ」

作者:マーガレット・パワーズ

Footprints(原文)

One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
one belonging to meand one to my Lord.

When the last scene of my life shot before me.
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest and saddest times in my life.

This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
“Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I’m aware that during the most troublesome times of my life there is only one set of footprints.
I just don’t understand why, when I needed You most,You leave me.”

He whispered.
“My precious child,I love you and will never leave younever, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprintsit was then that I carried you.”

copyright(C)1964 by Margaret Fishback Powers

関連記事