言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|二部【第三百三十六課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|二部【第三百三十六課】

  心は一つに結ばれているということが、許すことで分ってくる。

 許しは知覚を終らせるために定められている手段である。知識は、まず知覚方が変わって、それが届く最大限を越えて永久に続くものに完全に取って代わられると、元どおりになる。景色や音は、一 番よくて、そうしたことをすべて越えたところにあることを思い出すのに役立つだけである。許しはゆがんだことを一掃し、隠れた祭壇を真理にむけて開いてくれる。許しの百合の花が心を照らし、それに戻ってきて内面を見つめ、そこに外面には見つからなかったものを見いだすようにと呼びかけている。ここにこそ、いやここにのみ心の平安が取り戻せるのだし、これこそ神御自身の住み処ともいうべきところであるから。

 静かに許しが自分の分離の夢や罪の夢をぬぐってくれますように。御父よ、その後に内面をのぞいて、あなたの約束通り、自分の罪のないすがたが保たれていることや、あなたの御言葉が自分の心のなかにそのままあることや、あなたの御愛は今でも自分の胸に留まっていることを見させてください。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章までの「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事