言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|二部【第三百十二課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|二部【第三百十二課】

  すべての物事を自分のしたいと思うように見ている。

 知覚は審きに従う。審きを下しておいて、それにしたがって自分が見ようと思うものを見る。なぜなら、視覚はただ自分の受け入れる気があるものを提供するのに役立つだけだからである。自分が見ようと思うものを見逃すことは有り得ないし、自分から選んで見ようとすることを見損ねることもまずない。したがって、だれであれ聖霊の目的そのものを見ることを自分の目標とする者は、自分の神聖な目で実相の世界を見るのは確実。そしてその人は必ずキリストが見せてくれるものを見るし、自分が見ているものに、キリストの御愛を分け与える。

 今日、自分の目的は、自分が下したすべての審きから解放されて自由になった世界を見ることしかありません。御父よ、これこそ今日、あなたが自分のために意図なさることであり、したがって自分の目標でもあるに違いありません。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章までの「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事