言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|二部【第二百九十五課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|二部【第二百九十五課】

  聖霊は今日、自分を通して見つめる。

 キリストは今日この世界を救うために、自分の目を使いたいと言っている。この贈り物を、キリストは自分に心の平安を差し伸べてくれて、恐怖や苦痛をすべてとりのぞくことができるように、と頼んでいる。そんなことが自分から取り去られたら、この世界に定着していると思えた夢の数々は消えてなくなる。キリストの贖いは一つでなければならない。自分が救われる時は、この世界も一緒に救われる。我々は必ずみんな一緒に贖われる。恐れは色々と違ったかたちで現われるが、愛は一つである。

 我が御父よ、キリストが自分の授かったものをほしいと言っていますので、それを自分にも与えてもらえるように渡します。今日こそキリストの目を使わせてください、そうすれば聖霊の御愛に自分の目にするものすべてを祝福してもらえ、その許しに満ちた御愛を自分にも注いでもらえることでしょう。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章までの「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事