言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|二部【第二百七十八課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|二部【第二百七十八課】

  もし自分が縛られているなら、自分の御父も自由とはいえない。

 もし自分が、生きていると思えるものがみな死んでしまうような世界で、自分はからだに捕らわれた身だということを受け入れたりしたら、我が御父も同じく捕らわれの身となる。こんなことを確かに信じているといえるのは、この世界が従うおきてに自分も従わなければならないとか、自分の目にするはかないものや罪は本物であって、それから逃れることはできないと言い張っているときだ。もし自分がどのようにであれ縛られているとすれば、自分の御父も真の自己も知らないということ。そして実在を全く見失っている。真理は自由であり、拘束されたものは真理の一部ではないのだから。

 御父よ、真実だけを求めることにいたします。いままで自分自身や自分の創造したものについて、馬鹿げた思いを多く抱き、恐ろしい夢を自分の心にもたらしました。今日こそ、夢を見るのをやめます。狂気や恐怖の代わりにあなたへの道を選ぶことにします。真理は安全であり、愛のみが確実なのですから。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章までの「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事