言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|二部【第二百四十九課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|二部【第二百四十九課】

  許すことで苦しみや失うことはすべて終わる。

 許すことが、苦しみは終わり失うことは不可能となり、怒りには何の意味もないという世界の光景を描き出してくれる。攻撃は去り、狂気の沙汰には終わりがくる。どんな苦しみをいま考えられるというのだろう。どんな損失を被ることが有り得るだろう。そうした世界は喜びに満ち、豊かで思いやりがあり、限りなく与え続けるような場所になる。今やそこは天国にとてもよく似ているので、それが反映している光そのものへとすばやく一変する。こうして、神の子が始めた旅路は本人がもともとそこからきた光のなかで終わっている。

 御父よ、自分たちの心をあなたにお返しいたします。我々は自分たちの心を裏切って、万力で締めつけられたように辛い思いをさせ、暴力や死の思いで怖がらせていました。いまこそ、あなたのうちで再び安心させていただきます、あなたが創造してくださったままに。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章までの「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事