言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第八十五課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第八十五課】

 今日の復習にはつぎの想念を含む。

  

 (六十九)自分の不平不満は自分のうちなるこの世の光を隠してしまう。

不平不満は、存在しないものを自分に見せ、自分の見たいものを隠してしまう。これに気づいたからには、何のために不平不満を抱いていたいとなど思うだろうか。それは自分を暗闇にとどめ、光を隠してしまう。不平不満と光は両立しないが、光と洞察力は自分が見るために一つになる必要がある。見るためには、不平不満をわきにおかなければならない。自分は見ることを望んでおり、こうすることでうまくいくだろう。

 この想念の具体的な適用は、つぎのようなかたちでできるだろう。

   これを使って見ることを遮るようなことはしないでおこう。
   この世の光がこれをすべて照らし出してくれる。
   これには何の用もない。自分は見ることを望んでいる。

  

 (七十)自分の救いは自分から生じる。

今日、自分の救いはどこにあるのか認めよう。それは自分のなかにある、その御源がそこにあるのだから。その御源を離れてはいないので、自分の心を離れているはずはない。それを自分自身の外側にさがすつもりはない。外側で見つけてから中へ持ってくるのではない。それはただ自分の内面からでてくるし、自分の目にするものは何もかもすべて、自分のなかでそれ自体輝いている光を反映しているにすぎない。

 この想念をつぎのようなかたちにすれば、もっと具体的に適用するのに合うだろう。

   これで、自分の救いを自分から離れたところに
   捜す気にさせないでおこう。
   これに、自分の救いの御源を自覚する邪魔をさせないつもりだ。
   これには、救いを自分から取り上げる力はない。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事