言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第六十九課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第六十九課】

  自分の不平不満は自分のうちなるこの世の光を隠してしまう。

だれ一人、あなたの不平不満が隠そうとするものを見ることはできない。あなたの不平不満があなたのうちなるこの世の光を隠しているので、だれもが暗闇に立たされており、あなたもその人のそばにいる。しかしあなたの不平不満というおおいが払いのけられたなら、その人と一緒に解放されることになる。今こそ、あなたが地獄にいたときそばに立っていたその人と共に、自分の救いを分かち合うがいい。その人は、二人を救ってくれるこの世の光のなかでは、あなたのきょうだいである。

 今日は、もういちど真剣にあなたのうちなる光に達することを試みよう。いくらか長めの実践時間中にこれに取りかかることにして、その前に、七、 八分ほど心を集中し、これから何をしようとしているのか考えてみよう。我々は文字どおり、この世の救いを見いだそうとしているのである。それを隠しておこうとする暗闇というおおいを、通り越して見ようとしている。そのおおいを払いのけて、神の子の涙が太陽の光のなかに消え去るのを見ようと努めている。

 今日の長めの実践時間は、このことを確かにその通りだと十分に悟り、自分たちにとって他の何よりも大切なことに達しようと、本当に決心したうえで始めることにしよう。我々にとって唯一必要なこととは救いである。ここでは、他に何の目的もないし、他に果すべき役目は一つもない。救いを学ぶことこそ我々の唯一の目標といえる。今日こそ、自分のうちなる光を見つけ、それを掲げて、我々と共に探しているだれもがみなそれを見て喜ぶことができるようにし、 遠い昔から続けてきた探求を終えることにしよう。

 ここで今、目を閉じて本当に静かにし、自分が通常、意識していることをすべて去らせるようにする。自分の心が一つの大きな輪になっており、それが厚くて重苦しい雲の層にすっぽり囲まれている様子を思い浮かべるがいい。自分にはその雲だけが見えるわけだが、それはあなたがその輪の外側、しかもかなり離れたところにいるように思えるからである。

 自分の立っているところからは、どう見てもそんな雲の向こうにさんさんと輝く光があると信じる理由が見当たらない。その雲だけが本当にそこにあると思える。見えるのはそれだけのように思える。だから、あなたはそれを通り抜けてその向こう側へ行こうとはしないのだが、そうすることだけがそんなものには中身がないということを自分で本当に確信できる方法である。我々は今日、これを試みることにしよう。

 自分自身とこの世界のためにしようとしていることの大切さについて考えた後、心を完全に静かにして、今日、いや今、自分のうちなる光にどれほど達したいと望んでいるか、ただそれだけ覚えておくように。その雲を通り越していくと決意することだ。 自分の心のなかで、手を伸ばしてそれに触ってみるがいい。その手で払いのけながら通っていくと、それが自分のほおやひたいやまぶたに触れるのを感じるだろう。さあ、進んで行くがいい、そんな雲はあなたを止めることなどできはしない。

 もし、この練習課題を正しく行なっているなら、まるで抱き上げられて運ばれているような感じがし始めることだろう。あなたのわずかな努力と小さな決心とが、自分の助けになるようにと宇宙の力を呼び出し、神御自らあなたを暗闇から光のなかへ引き上げてくださる。あなたはその神の御意志と一致している。あなたの意志は神の御意志であるから、あなたが失敗するはずはない。

  今日は、あなたの御父を信頼し、自分の願いは聞き入れられ叶えられていると確信することである。あなたはまだその御父の答えに気づいていないかもしれないが、確かにそれは与えられているし、まだこれからもそれを受け取れるものと本当にあてにできる。その雲を通り抜けて光へと向かおうとするとき、 心にこうした確信を抱いておくよう努めること。自分はついに、自分の意志を神のと一つにしようとしている、ということを覚えておくよう努めること。自分が神と一緒に取りかかろうとすることは必ず成功する、という思いをはっきり心に保っておくよう努めること。そうして、自分のうちで、また自分を通して神の力に働いてもらえば、神の御意志と自分のとが成し遂げられるのである。

  短めの実践時間は、今日の想念が自分と自分の幸せにとって重要だということを考慮し、できるだけたびたび取ったほうがいいし、その最中には、自分の不平不満がこの世の光を隠してしまい、自分でそれを自覚できなくなっていることを思い出すことだ。 自分ひとりで探しているのではないし、どこでそれを探せばいいのか分かっているということも思い出すがいい。そして、次のように言う。

  自分の不平不満が、自分のうちなるこの世の光を隠している。
  自分で隠しているものを見ることはできない。
  しかし、それを自分の救いとこの世の救いのために、
  明らかにしてもらいたいと思っている。

それから、今日もしだれかに何らかのうらみを抱きそうになったら、必ずつぎのように自分自身に言い聞かせる。

  もし自分がこんな不平を抱いていたら、
  この世の光は自分から隠されてしまうだろう、と。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事