言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第六十六課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第六十六課】

  自分の幸福と自分の役目は一つである。

 最近の課題を通して、自分の役目を果すことと幸福になることには関連がある、と強調されていることには、きっと気づいているはず。その理由は、あなたにはこの関連が本当に見えていないからだ。ところで、その二つはただ関連があるというだけではなくて、まったく同じである。そのかたちは違っているが、その内容は完全に一つものである。

 自我は、あなたの役目は何かという根本的な質問に関して、聖霊と絶えず争っている。そして、あなたの幸福とは何かということについても、聖霊と絶えず争っている。それは両者間の争いとはいえない。自我が攻撃しても、聖霊はそれに応じようとはしない。聖霊には何があなたの役目なのかわかっている。それはあなたが幸福になることだと、聖霊には分かっているのである。

 今日、我々はこんな全く無意味な争いを通り越して、あなたの役目について真実であることに達する。それが何かということについて、無駄な論争はしないでおこう。幸福とはなにかを定義したり、それを手に入れる手段を決めようとしたり、そんな絶望的なことには関わらないようにしよう。自我が真実を攻撃するのに耳を傾けたりして、自我を満足させないようにしよう。我々はただ、何が真実なのか、それを見いだせることを喜ぶだけである。

 今日の長めの実践時間は、神が与えてくださった役目と自分の幸福には本当に関連があるということだけではなくて、実際にまったく同じものだという事実を、あなたが受け入れることを目的としている。神はあなたに幸福だけを授けてくださる。したがって、神があなたに与えられた役目は幸福になることであるに相違ない、たとえ違っているように見えるとしても。今日の練習課題は、こうした外観の違いを超えていき、真理のうちに存在するその共通の内容を認めようとする試みである。

 十分から十五分の実践時間をつぎのような思いを再吟味することから始める。

  神は自分に幸福だけを授けてくださる。
  神は自分の役目を与えてくださっている。
  したがって、自分の役目は幸福になることであるに相違ない。

たとえ、あなたがまだこの結論を受け入れないとしても、それに至る一連の思いには筋が通っていることを分かってほしい。ただ、もし最初の二つの思いが間違っていたときには、その結論も偽りだということになる。では、実践しながら、しばらくその前提について考えてみよう。

 最初の前提は、神はあなたに幸福だけを授けてくださるということ。もちろん、これは偽りだということもありえるわけだが、それが偽りであるには、神をその本来のすがたではない何かだと定義する必要がでてくる。愛は悪を与えることはできないのであり、幸福とはいえないことは悪である。神は御自分にないものを、授けてくださることはできないし、神の本来のすがたではないものを所有なさることもできない。もし神があなたに幸福だけを授けてくださるのではないとすれば、神はきっと悪である。そして、もしあなたが最初の前提を受け入れないのなら、神についてのこんな定義を信じているのだろう。 

 二番目の前提は、神はあなたに自分の役目を授けてくださっているということ。我々はすでに、あなたの心にはただ二つの部分があるということをみてきた。一方は自我に支配されており、錯覚で成り立っている。もう一方は聖霊の住まいとなって、真理が留まっている。案内役はこの二つのうちの一つを選ぶしかないし、その選択の結果としては、自我が必ず生ずる恐れと、それの代わりに聖霊が必ず差し伸べてくれる愛、その二つしか有り得ない。

 とすれば、あなたの役目は神の御声を通じて神によって定められたものか、それともその神に取って変えるために自分がでっち上げた自我によって作られたか、そのどちらかに相違ない。どちらが真実なのだろう。もし神があなたの役目を与えてくださったのでなければ、それは自我がくれたものにちがいない。自我はだれかに与える贈り物など本当にもっているだろうか、それ自体が錯覚であり、ただ贈り物だと錯覚しているものを差し出そうとするにすぎないというのに。

 このことを今日の長めの実践時間中に考えてみるがいい。それから、自分の役目だと錯覚したことが自分の心のなかでいろいろなかたちを取っていることや、自我の導きにしたがって救いを見いだそうと、色々な方法を試みたことなどについても考えてみることだ。それを見いだしただろうか。幸せになれただろうか。平安をもたらしてくれただろうか。我々は今日、本当に正直になる必要がある。今までの結果を公平に思い出してみて、なんであれ自我が提案したことで幸福になれると期待したのは、道理に合っていたかどうかよく考えてみるがいい。たしかに、自我は聖霊の御声の代わりになる唯一のものではある。  あなたは狂気に耳を貸すか、それとも真実を聞き入れるか、二つに一つ。我々の結論はその前提に基づくということを考えて、この選択をしてほしい。我々が分かち合えるのはほかでもない、この結論だけだ。神御自身、それを我々と分かち合われるのであるから。今日の想念は、同じことを同じだと知覚し、違うことを違うと知覚するためのもう一つの大きな一歩となる。一方にはすべての錯覚がそろっている。すべての真理はもう一方にある。今日、真実であることのみが本当だと悟ることにしよう。

 短めの実践時間は、今日はもし一時間に二回ずつとればとても役に立つだろうが、その時にはつぎのかたちで適用することを勧める。

  自分の幸福と役目とは一つもの、両方とも神が与えて
  くださったのだから。

これには一分もかからない、もしかするとそれ以下かもしれないが、こうした言葉をゆっくりとくりかえし、それを言いながらしばらくそのことを考えてみることである。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事