言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第四十三課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第四十三課】

  神は自分の御源。神から離れて見ることはできない。

 知覚は神の属性ではない。神のは知識の領域である。しかし、神は知覚と知識のあいだの御仲介役として聖霊を創造なさった。この神とのつながりがなかったら、あなたの心の中で、永遠に知覚が知識に取って代わっていただろう。この神とのつながりがあるので、知覚は変化し浄化されて、それが知識へと導いてくれる。聖霊の見るところ、これがその役目だといえる。したがって、それが本当にその役目である。

 神のなかであなたは見ることはできない。神のなかでは、知覚は何の役目もないので、存在しない。しかし、救いとは、あったためしのないことを取り消すことであるから、そのためには知覚にはすばらしい目的がある。神の子によって神聖とはいえない目的のために作られたとはいえ、その知覚は神の子に自分の神聖さを自覚させるための手段とならなければいけない。知覚にはなんの意味もない。しかし、聖霊はそれに、神の意味にきわめて近いといえる、意味を与える。癒された知覚は、神の子が自分のきょうだいを許すための手段となり、そうすることで自分自身を許すことになる。

 あなたが神から離れて見ることはできないというのも、あなたは神から離れることなどできないからである。あなたが何をしようと、あなたは神のうちにてそれをおこなっている、あなたが何を思っていようと、あなたは神の御心で思っているのだから。もし洞察力が本物なら、たしかにそれは聖霊の目的を分かち合っている限り本物だといえるのだが、そうだとすればあなたは神から離れて見ることはできないのである。

 今日は、五分間の実践時間を三回ほど必要とし、一回は朝一番に、もう一回は一日の最後にやればいい。三回めは、その日の事情や自分の心の状態からみて一番都合がよくて適切なときにすることにすればいいだろう。こうした実践時間のはじめに、目を開けたまま、今日の想念を胸の中でくりかえす。そのあとしばらくのあいだ、まわりに目をやって、何か特定のものにその想念を適用する。実践時間のこの段階では、四つか五つの対象に適用すれば、充分だろう。たとえば、つぎのように言ってみる。

  神は自分の御源。この机を神から離れて見ることはできない。
  神は自分の御源。あの絵を神から離れて見ることはできない。

 練習時間のこの部分は比較的に短くてもいいのだが、この実践段階用の対象は自発的に含めたり除いたりせずに、必ず無差別に選ぶことだ。つぎの長めの段階では、目を閉じて、今日の想念をくりかえし、そのあと何であれそれに関連した思いが浮かんだら、それを自分の好きなように付け加えてみる。たとえばつぎのような思い。

  自分は許しの目でみる。
  自分にはこの世界が祝福されているとわかる。
  この世界が自分自身を見せてくれる。
  自分には自分の思いがわかる、それは神の思いに似ている。

どんな思いであれ多少、今日の想念に直に関連があれば適している。そうした思いはその想念となんらかの明らかな関係があるといえる必要はないが、それに反するものでないほうがいいだろう。

 もし、自分の心がとりとめのない状態になったり、今日の想念には全く一致しない思いに気づき始めたり、なにも考えられなくなったと思えたりしたら、目を開けて、練習時間の最初の段階をくりかえしてから、また二段階目をもういちどやってみる。関係のない思いに心を奪われたままの時間を長引かせないようにすることだ。こうしたことを避けるために、なんどでも必要なだけ練習課題の第一段階へ戻ってもいい。

 今日の想念を短めの実践時間に適用するときは、日中、自分の置かれているまわりの事情や状況によって、それを適用するかたちは違ってもいいだろう。たとえば、他の人といるときは、その相手に静かにつぎのように言うのを忘れないようにする。

 神は自分の御源。あなたを神から離れて見ることはできない。

こうしたかたちは、自分にとって身近な存在の人たちにも、まったくの他人にも同じように当てはまる。実際、こうした種類の区別はまったくしないようにすることである。

 今日の想念は、一日中、あれこれと違った状況や出来事が生じたときに適用してみるものいい、特になんらかのかたちで自分を悩ませるようなことに、適用すればいいだろう。こうした目的には、その想念をつぎのようなかたちで当てはめる。

  神は自分の御源。このことを神から離れて見ることはできない。

 もし、これといって特別な対象が、そのとき浮かんでこなかったら、ただその想念をもとのかたちでくりかえすだけでもいい。今日は、いつの間にか、今日の想念を思い出さないまま長い時間が経っていた、ということのないように努めるように、そうすることで自分の役目を覚えておくことになるのである。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事