言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第二十九課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第二十九課】

  神は自分が見ているすべてのもののうちにおられる。

 今日の想念が、なぜすべてのもののうちに全目的を見ることができるかを説明している。なぜ何一つ分離してはいなし、それだけではないし、それ自体でもないのかを説明している。そして、なぜあなたが見ているものには何一つなんの意味もないのかを説明している。事実、それが今まで我々が使った想念をことごとく説明しているし、これから後のぶん全部についても説明している。今日の想念が洞察力による心像への全根拠である。

 あなたはたぶん、この時点ではこんな想念はとてもじゃないが把握し難いと思うことだろう。それはばかげているし敬意を欠いているし、無意味なうえにこっけいで、不愉快だとさえ思うかもしれない。たとえば、あなたには、どうみても神がテーブルのなかにいらっしゃるようには見えない。しかし、きのうも強調しておいたように、テーブルも宇宙の目的を分かち合っている。そして宇宙の目的を分かち合っているものはその御創造主の目的をも分かち合っているのである。

 では今日は、すべてのものごとを、愛と感謝の気持ちと広い心で見てみるにはどうすればいいのか、その学習を始めることにしよう。あなたは今のところそうしたものを見てはいない。そのなかに何があるのか、あなたにわかるだろうか。何一つとして、あなたが思っている通りのものはない。その神聖な目的は、あなたにとどくわずかな範囲を越えたところにある。神聖なるものがこの世界を照らすのを、洞察力が見せてくれたなら、あなたは今日の想念を申し分なく理解するだろう。そしてなぜ自分がそれを難しいと思い込んでいたのか、それが理解できないだろう。

 今日の実践時間は二分間ずつ六回、いまではもう慣れてきたやりかたでする、今日の想念を胸のなかでくりかえすことからはじめて、それを自分のまわりにあるもので、手当たりしだいに選んだ対象に、一つひとつはっきりと名前をつけながら適用してみる。自発的に選択しようとする傾向を避けるようにつとめることだが、今日の想念は本質的にまったく異質なものなので、それに関しては特にそうしたくなるかもしれない。

 なんらかの順序を強いるのは、実在にとって同様に異質なことだと覚えておくこと。

 したがって、あなたが列挙する対象は、できるだけ意識的に選ばないほうがいい。たとえば、次に挙げるようなことを含んでいれば、適当だといえる。

  神はこの洋服掛けのうちにおられる。
  神はこの雑誌のうちにおられる。
  神はこの指のうちにおられる。
  神はこの電灯のうちにおられる。
  神はあのからだのうちにおられる。
  神はあの戸のうちにおられる。
  神はあのくずかごのうちにおられる。

割り当てられた実践時間に加えて、今日の想念を少なくとも一時間に一回は、さきに挙げたような言葉を急がずに胸のなかでくりかえしつつ、まわりをゆっくり見まわす。 これをするにつれ、少なくとも二、三回は安らかな気持ちになれるだろう。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事