言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第百二十六課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第百二十六課】

  自分が与えるものはすべて自分自身に与えられる。

 今日の想念は、自我とこの世界の考え方とは全く調和しないが、この教えがもたらす、考え方を逆にする試みにはとても重要である。もしあなたがこの想念の述べていることを信じるなら、完全に許すことや確実な目標や確かな方向性をつかむことには、なんの問題もない。あなたは自分が救いを得られる手段というものを理解できるし、それを今使うのをためらうこともないだろう。

 ここで、この想念の代わりに、あなたが今、たしかに信じていることをよく考えて見よう。あなたには、他の人と自分は離れているように思え、あなたの思いに何の関係もないように振舞えるようだし、あなたの思いも他の人の思いには何の関係もないように思える。したがって、あなたの態度は他の人に何の影響も及ぼさないし、その人たちの助けを求める訴えはあなた自身とはなんの関連もないとする。そのうえあなたは、その人たちが罪を犯したとしても、それが自分自身に対する見方を変えさせることはなく、その人たちの罪に審きを下しておいて、その有罪判決から離れて平安でいられると思っている。

 あなたが罪を「許した」としても、自分には直接なんの得るところもない。あなたはお情けをそれに値しない者に与え、ただ自分のほうが許そうとしている相手よりもすぐれていて、格が上だということを示そうとするだけだ。その人はあなたの情け深い寛大さを受けるに値しないが、それをあなたはその贈り物にふさわしくない者に授けるというのも、その人が本当はあなたと同等な立場にあるのに、罪を犯して自分の格を下げたからだ。その人にはあなたの許しを求める権利はない。それはその人に贈り物を差し出すことにはなるが、あなた自身にはまったく何も差し出してはくれない。

 こうした次第で、許しは基本的に不合理なものとなり、気まぐれで情けをかけたり、不相応に優しくしたり、その贈り物を授けるときもあれば、授けないでおくこともある。許しに値しなければ、許さないでおくことが正しく、それを与えないでおいて、自分が苦しむことになったら、それが当然とはいえない。自分が許す罪は自分自身のではない。自分以外のだれかが罪を犯した。だから、もしあなたが慈悲深くその人に値しないものを与えたとすれば、その人は罪はその人のものではないと同様、その贈り物はあなたのものとはいえない。

 もしこれが本当だとすれば、許しには信頼して確信が持てるような根拠がない。それは奇抜な行いであって、時には受けるに値しない猶予を大目にみて与えることにすることもある。とはいえ、罪人に自分の罪にたいする正当な償いをするのを免れないようにさせる権利はあなたには残っている。天にまします御主が、この世の救いをこんなことに左右されるがままになさると、あなたは思うだろうか。もしあなたの救いがこんな気まぐれにもとづいているなら、実際のところそのお方はあなたのことをたいして気にかけておられないということになるのではないだろうか。

 あなたには許しというものがよく分かっていない。あなたの見方によると、それは公然と攻撃するのを阻止しているだけで、あなたの心の中での訂正を要求してはいない。あなたの知覚の仕方では、それが自分に平安を与えることはできない。それはあなたが自分以外のだれかのなかにあるとみているものから、解放される手段にはならない。それには、自分はその人と一つに結ばれているという自覚をあなたに取り戻させる力はない。それは神があなたのために意図なさったものとはいえない。

 神があなたに求めておられる贈り物を渡していないので、あなたは神の賜物を見分けることができないだけなのに、神が授けてくださっていないものと思い込んでしまう。しかし神は、それがあなたのためのものでなかったら、あなたにその贈り物を求めたりなさるだろうか。神はうわべだけのそぶりで満足して、そんな取るに足りない贈り物を神の子にふさわしいものだと評価なさることができるだろうか。救いは、こんなことよりもっといい贈り物である。その救いを得る手段となる本当の許しは、それを与える心を必ず癒してくれる、与えることは受け取ることであるから。受け取られていないままになっているものは、与えたことにはならないが、与えられているものは必ず受け取られている。

 今日、我々は与える者と受け取る者は同じだという真実を理解するように努めよう。このことはあなたが慣れている考え方とはかなりかけ離れているので、それを有意義なものにするには助けがいるだろう。あなたに必要な手助けをしてくださるお方はいらっしゃる。今日こそそのお方を信頼して、あなたが実践することを本当に今日、分かち合ってくださるようにと頼むがいい。そしてもし。我々が今日実践する壮年に見出せる解放感を、あなたがほんの少しでも感じとることができれば、この日はこの世界にとって素晴らしい1日となる。

 今日は二回、十五分ずつ、今日の想念を理解しようと試みるがいい。この思いによって、許しはあなたが優先すべきこととして、それに適した場を占めるだろう。この想いこそが、許しが何を意味するのか分かり難くしているすべてのことからあなたの心を解放して、あなたにとってそれはどんな価値があるか気づかせてくれる。

 静かにして、許しというものを理解していない世界に目をつぶり、いろいろな思いを思いを変え間違った信念を捨てることになる、静かな場所に聖域を探し求めるように。今日の想念をくりかえして、それが本当に何をいみするか理解できるように助けてほしいと頼むがいい。教えてもらう気になってほしい。真実と癒しをもたらす御声があなたに話しかけてくれるのを喜んで聞いてほしい、そうすればあなたはそのお方が話す言葉が理解できるし、そのお方が話しているのは自分の言葉だということにも気づくであろう。

 できるだけたびたび、今日自分には目標があるということを思い出すように、それはこの日を自分自身ときょうだい全員にとって、特別な価値がある日とすることを目指している。あなたの心にこの目標を長いあいだ忘れてしまうことのないようにさせ、つぎのように自分自身に言い聞かせる。

  自分が与えるものはすべて自分自身に与えられる。
  これが本当だということを習うために必要な手助けをしてくださるお方は、
  いま自分と共に居てくださる。
  だから、そのお方を信用することにしよう。

そのあと、そのお方が訂正してくださること、そのお方の御愛に自分の心を開いて、静かなひとときを過ごすといい。そのお方から聞くことをあなたは信じるようになる、そのお方が与えて下さることをあなたは受け取ることになるのだから。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

また、田中百合子さんがPodcastをなさっています。百合子さんのPodcast「ありがとうを言いたくて」は「ありがとう」を伝えたい人たちへの素敵なインタビュー番組で、百合子さんの半生とお人柄を感じられるご自身の体験のお話もお聞きいただけます。こちらからどうぞ。

関連記事