言葉の群れ

Dive into your soul.

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デイリーワーク
  4. 奇跡の道 学習書|一部【第百四課】
奇跡のコースデイリーワーク

奇跡の道 学習書|一部【第百四課】

  本当に自分に属するものだけをさがそう。

 今日の想念は、喜びと平安はただの根拠のない夢なんかではない、という思いで続ける。その二つは、あなたの本来のすがたゆえに、あなたの権利である。それは神からあなたにくるものであり、神は御自分の意図なさることを必ず与えてくださる。とはいえ、神の賜物を受け取るにはそのための場所を用意しなければならない。そうした賜物も、その代用品として作ったものを神のがあるべきところに受け入れている心には、喜んで受け入れられないだろう。  今日、我々は神の賜物があるべき聖なる祭壇に、自分の作った無意味な贈り物を置いているのを全部取り除くつもりだ。神の賜物こそ本当に我々自身のものである。神の賜物こそ、時間が始まる前に受け継いだものであり、その時間が永遠の世へと過ぎ去ったときにもまだ、我々のものだ。神の賜物こそ今我々のなかにある、それは時を超越したものであるから。とすれば、それを手に入れるために待つ必要はない。それは今日、我々の掌中にある。

 したがって、我々はそれを今自分のものにすることを選び、自分で作ったもののかわりにそれを選ぶのは、ただ自分たちの意志を神が意図なさることに結びつけることだと知り、それは一つものだから同じだと認める。今日の長めの実践時間は、あなたの救いのために、一時間ごとに五分間ほど真理にささげるわけだが、それをつぎの言葉ではじめるといい。

  本当に自分に属するものだけをさがそう、
  喜びと平安は自分が受け継いだものである。

そのあと、他の贈り物や錯覚であるものから生じた他の目標、そうしたことはそんなものによって証明されたり、夢の世界においてのみ追求されたりするわけだが、そんなものごとを差し出す世界において生じる葛藤を放棄することである。

 我々はこんなものをみな放棄し、そのかわりに、神が授けてくださったものを認めたいので、本当に自分たちのものだけをさがそう。我々の心のなかの神聖な場所をきれいにしよう、その神の祭壇では神の平安と喜びの賜物は歓迎され、そこに来て我々は神から授かったものを見つける。我々は今日、本当に自分に属するものは神が授けてくださるものだということに気づき、自信をもって来る。そして他のものはなにも願わないでおこう、ほかのものは何一つ本当に自分のものではないのだから。

 では、今日は神への道をあけておこう、それはただ神の御意志はすでに成されており、喜びと平安は神からの永遠の賜物として、自分たちのものであると認めるだけですむ。 そうした賜物を、神が置いてくださっているところにさがしに来る時間いがいにも、見失わないでおこう。できるだけたびたび、つぎのように心に思い出させることにしよう。

  本当に自分に属するものだけをさがそう。
  神の喜びと平安の賜物だけを自分は望んでいる。

奇跡の道 ー兄イエズスの教えー イエズス・著、田中百合子・翻訳 


各回のデイリーワークにアクセスできる一覧のページはこちらです。

「奇跡の道 -兄イエズスの教え-」に収録されているこの学習書は、翻訳者の田中百合子さんに許可を得て掲載させていただいています。

田中百合子さんが翻訳なさった「奇跡の道」の全文は電子書籍でお求めいただけます。ご希望の方はこちらからどうぞ。また、分版で出版されている第六章まで収録の「奇跡の道」、通常の書籍はこちらでお求めいただけます。

関連記事